同人誌とは?

よく勘違いをされてる方も多いのですが、世間一般では「同人誌=成人向け冊子」と認識されがちですが、あくまで「大手出版社からの出版物でない、一般的な流通ルートに乗らないような自費製作・出版された本」の事を指します。

そもそも同人とは、同じ趣味・指向を持った個人または仲間同士が文筆活動をするための私的なサークルの事で、同人誌とはその同人サークルが自費で出版する冊子などのことで、本来は、夏目漱石など歴史上で有名な作家たちが作成した「文学誌」などが主流だったようですが、現在では漫画やアニメ、小説などの「2次創作系冊子」のことを総じて同人誌と捉えられているようになっています。

同人誌を分類別に分けると、主に漫画・写真集・小説などで、他にも詩集や料理レシピといったものまであります。
ただ、自費出版される同人誌の大半が漫画やコスプレ写真集などで、特に同人漫画は内容が卑猥なものが多いので、前述のイメージが強いものと思われます。

同人漫画でも「1次創作系(オリジナル)」・「2次創作系(パロディ)」の2種類があり、1次創作系同人マンガは「作者本人が作品のキャラクターからストーリーまで全て考えて作っている」のに対し、「キャラクターは既製の漫画やアニメのものを使い、ストーリーだけ作者が考えて作る」2次創作系同人マンガがあります。
よく問題になっているのは、この「2次創作系」の同人誌なのですが、これは別ページで書いていますのでそちらをご覧下さい。

同人誌はあくまで自費出版なので、その立場上出版会社を介さないことから、自由な表現活動ができるのがメリットですが、その反面、自己裁量でなんでも表現できてしまうことから後々色々な問題が起こる場合があるので注意が必要となってきます。

 

同人誌自費出版は難しい?

「自費出版」と聞くと、「印刷データを作るのが難しそう」・「ものすごく費用が掛かる」といったイメージを持っている人も多いと思いますが、実際に漫画や小説、写真集など同人誌を自費出版するこ・・・続きを読む

自費出版をすると儲かる?

同人誌を自費出版すると儲かるのか?
以前、とある記事を見ましたが、現在の同人業界での「同人誌」の市場規模が700億円ともいわれ、作家の「年収1000万円の作家はザラ」で、中には「6000万以上は300人以上」といった内容でした・・・続きを読む

同人誌の著作権問題とは?

同人誌をこれから自費出版しようと考えている人とって一番気になるのは著作権問題などでしょう。
特に「2次創作系」の漫画同人誌などを作る人には、知らなかったでは済まされない話にな・・・続きを読む